ワキガ 生活習慣

MENU

ワキガを悪化させてない?これには気をつけよう

ワキガは社会生活を送る上で、さまざまな問題を引き起こします。悪臭で周りが迷惑し、本人の評価にも影響します。体質などで症状が出てしまう人がいるため、本人に問題があるわけではないのですが、生活習慣によって、悪臭がひどくなったり、症状が悪化するケースがあります。今回は、ワキガを悪化させる生活習慣について、ご紹介します。

 

まずは食事です。辛いものや刺激の強いものが好きな人は、体温が高くなる傾向にあり、汗もたくさんかきます。汗自体にはニオイはありませんが、放置することによって雑菌が繁殖して汗を分解し、ワキガ臭を発生させます。激辛の食事をすることで、アポクリン腺を刺激し、ワキガを悪化させることがありますので、辛すぎるものを食べるのは避けましょう。

 

次は、タバコです。タバコには有害物質であるニコチンが含まれており、アポクリン腺を刺激する作用があることが分かっています。タバコを吸うことで、交感神経が活発化され、ワキガを悪化させる可能性があります。また、タバコのニオイと腋のニオイが混ざることによって悪臭がきつくなりますので、禁煙をするほうがよいでしょう。

 

睡眠不足も、ワキガを悪化させると言われています。睡眠が不足してくると、肌のダメージが回復しにくくなり、古い角質が残ってしまいがちになります。古い角質が体に残ってしまうと、細菌や雑菌などが腋に繁殖しやすくなり、ワキガを悪化させてしまいます。肌をもっとも回復させると言われている午後10時から午前2時までの時間に睡眠をとることがポイントになります。

 

入浴時に湯船につからずに、シャワーだけで済ませてしまう人もワキガを悪化させがちです。湯船に入ることによって、血行だけではなく、リンパ液の流れも促進させるため、発汗を促し、毒素や老廃物を体外に排出しやすくなります。シャワーだけですませると、体内に毒素や老廃物がたまりがちになりますので、体臭がひどくなってしまいます。

 

日常生活を見直して脇汗とバイバイ!

脇汗をかきやすい、ワキガ体質という場合には、臭い対策をする必要があります。
そのためには、生活習慣を改善してみるのも有効な手段の一つです。
運動不足の場合には、代謝機能も低下しがちになり、発汗作用なども正常に働かず極端に体の一部にだけ多量に汗をかいてしまうこともあります。
脇汗などが多量に出る場合には、運動不足なども原因になることもあるため、生活習慣の改善をして発汗作用を正常な状態にしていくことも重要です。

 

自律神経が乱れてしまうと、発汗作用に影響が出てしまうため規則正しい生活をするために生活リズムを整えていくこと、ストレスの解消なども対策になります。
仕事が忙しい場合には、睡眠不足、不規則な生活になりがちですが、できるだけ生活リズムを整えていけるように自分なりに改善していきましょう。

 

ストレスに関しても適度に解消できるように、休日などを利用して出かけてみたり、趣味などを楽しむ時間を作り気分転換をすることも大切です。
日ごろ自宅で過ごすことが多く運動をする習慣がない場合も、生活のなかに運動をする習慣を取り入れていくことで、発汗作用を正常化していくことで対策をしていきましょう。

 

特に仕事などがオフィスワークなどの場合には、エアコンなどで室温が快適な状態に保たれていることも多く、汗をあまりかかない環境で過ごすことが多いと発汗作用などが乱れやすくなる傾向もあります。

 

外気に触れること、そして運動をすることで適度に汗を流すことで発汗作用を正常化していきましょう。

キガ体質の場合には、汗をかき菌が繁殖しやすい状況になることで強い臭いを発することになります。
そのため、正常に汗をかく状態に体の状態を戻した場合でも、汗をかきっぱなしにしていることは周囲に臭いを撒き散らすことになりかねません。
しっかりと汗を拭き取るためにタオルやウェットティッシュなどを持ち歩くことも重要です。
また、肌を清潔に保つために帰宅後はすぐにシャワーなどで汗を洗い流すこともワキガ対策につながります。