ワキガ 汗 違い

MENU

ワキガ臭と汗の臭いの違いは?

ワキガと汗の臭いは両方とも汗が原因です。

 

運動を行った後などに体温が高くなったり気温が高い時にはエクリン汗腺から汗が出るのですが、99%は水分ですのでそれほど臭いはありません。
残りの1%には塩分やミネラル、乳酸が含まれています。これが一般的な汗であり、ワキガの汗とは質が異なります。

 

ワキガの場合にはワキにたくさん存在するアポクリン汗腺から出る汗が原因となっており、アポクリン汗腺から出る汗はエクリン汗腺から出る透明のものと比較すると白くて乳白色をしています。
この汗には脂質やタンパク質が多く含まれており、ワキ部分に存在する雑菌に分解されると嫌な臭いを発するようになります。

 

つまり、通常の汗の臭いとワキガの臭いのもっとも大きな違いは、どの汗腺から分泌されている汗かという点です。
エクリン汗腺から出る汗はほとんどが水分ですのでサラッとしていて臭いもありません。それでも汗臭くなるのは、汗と一緒に流れ出る皮脂や角質を雑菌が分解するためです。

 

アポクリン汗腺から分泌される汗には元々お皮脂やタンパク質が含まれていますので、これらが分解されると通常の汗臭さとは異なる独特の臭いが発生します。
エクリン汗腺は誰でも持っていますので、対策を怠ると汗臭くなってしまいます。特に夏場は湿度が高くて雑菌の繁殖も進みますので、汗臭い人が増えてきます。

 

それに対し、アポクリン汗腺は遺伝的な要素によって数が決まっています。両親がどちらもワキガ体質でない場合は自分がワキガになる心配をせずに済みます。
臭いが気になる場合には自分で色々なグッズを使って対処をする方法もありますが、それらのセルフケア用グッズでは効果が物足りなく感じることもあります。

 

その場合は、日本ではワキガの手術が保険適用で受けることができますので、それほど費用的な負担も大きくなく手術を受けることができます。
気にし過ぎて臭いを強く感じることもありますので、気になる時には皮膚科を受診する必要があります。