ワキガ 遺伝

MENU

ワキガは高確率で遺伝します

臭いが気になるワキガは遺伝します。親の片方がワキガの場合は50%、両方の場合は80%の確率で遺伝すると言われています。
絶対に遺伝するわけではありませんが、高い確率であることには変わりありません。
親から子どもへ遺伝してしまうのは、ワキガの原因に理由があります。
そもそもワキガは、ワキにあるアポクリン汗腺から分泌される汗が原因です。
脂質やタンパク質を含む汗を細菌が分解することによって、独特の嫌な臭いが発生します。
原因でもあるアポクリン汗腺の量は、遺伝により生まれつき決まっています。
ですから、父親や母親がワキガの場合は、子どももワキガになってしまうのです。
しかし、子どもに遺伝するからといって、生まれてすぐにワキから嫌な臭いがするわけではありません。
原因であるアポクリン汗腺は、思春期に成長が活発になります。
人間の第二次性徴により活発化し臭いが気になり出すので、実際に遺伝したか分かるのは、子どもが思春期になってからになります。
遺伝が原因の場合は、完璧に防ぐことはできません。

 

子どもによっては自分の臭いが気になったり、周りから指摘されイジメの原因になる可能性もあります。
ですから、思春期になったらチェックを欠かさず、親が対策をしてあげる必要があります。
親ができる対策法としては、身体を洗う石鹸を変えるなどです。
身体を洗う石鹸やボディソープは、殺菌や消臭効果のあるものを使うと、臭いを抑えることができます。
ただし、臭いを抑えられる石鹸やボディソープに変えても、身体を隅々まで洗わなければ意味がありません。
ですから、お風呂に一緒に入っていた年頃から、身体は丁寧に洗うことを教えておきましょう。
また、お風呂上がりに保湿クリームを塗るのも効果的なので、小さな頃から自分で対策をするクセを付けておくと良いです。
幼少期から自然とワキガ対策をしておけば、たとえ思春期に臭いが気になりだしても、子どもへの影響は最小限に留められます。