ワキガ手術 保険適用

MENU

ワキガ手術は保険適用されないっってホントなの?

体臭のトラブルの中でも、特に臭いが強いとして悩んでいる方の多くは「ワキガ」の症状の場合が大半だとされています。
ワキガは主に脇周辺にあるアポクリ汗腺から分泌される臭いの強い汗によって起こる状態で、通常の汗の臭いよりも周りに臭いが感じるほどの強い体臭が発生するため、こまめにシャワーを浴びても症状を抑えることが難しいと言われています。
根本的な臭いのトラブルを改善する方法として、美容外科クリニックや形成外科クリニックなどの医療機関で受けることが出来るアポクリン汗腺を除去する手術が行われています。
ただワキガの治療は美容目的として行うとして保険診療外と判断されてしまい、自費で治療を受ける必要が出て来る可能性があります。

 

通常アポクリン汗腺除去の治療には両脇20万円〜30万円程の費用がかかってしまうと言われていますが、保険診療内で治療が受けられる場合は、両脇で5万円程度で抑えることが可能になります。
そのため少しでもコストを抑えて治療を受けるためにも、保険診療内で治療を行ってくれる形成外科クリニックなどを探して費用を抑えて治療を受ける方が増えてきています。
ただワキガの臭いの判断は難しく、数値化することが出来ないことから、大半は医師が脇の臭いをかいて保険適応になるのか判断する方法が利用されています。

 

クリニックによっては脇に数分はさんだガーゼを医師がニオイを嗅ぐことでワキガのニオイなのか判断する方法だったり、治療を受ける患者の家族に一緒に来てもらい、脇の臭いをかいで貰う方法を推奨しているクリニックも増えており、医師側の独断だけではないことを患者自身も納得することが出来るので、トラブルが起こりにくくなります。
ただ脇の臭いなどは体調の変化や、自律神経の乱れによって臭いが発生する可能性も高いため、ワキガ治療を受ける際には事前に臭いがついた衣服を用意しておいたり、ワキガは黄色の汗ジミが付きやすい特徴があるので、汗ジミがついた衣服を持っていくのも判断材料になります。